忍者ブログ
* admin *
[447]  [446]  [445]  [444]  [443]  [442]  [441]  [440]  [439]  [438]  [437
日本の探偵小説の父江戸川乱歩と、愛知県蟹江町出身の生理学者で医学博士・俳人でもある小酒井不木との往復書簡集。DVD付。

始まりは、大正12年7月。
乱歩(当時29歳)がデビュー作「二銭銅貨」の批評を不木(当時33歳)に依頼する手紙を送った事から。
当時乱歩は様々な職業を転々としながら探偵趣味の短編を執筆していた。
不木は医学界での大御所。更には俳句の世界でも有名、文壇でもSF作家として大先生であった。という。
乱歩の才能を見抜いた不木は、どんどん小説を書く事を推奨する。
作家としてやっていけるかと悩む乱歩の後押しをしたのも不木だし、東京で生活するのは作家としてプラスになる、と背中を押したのも不木。
不木は、探偵小説家・江戸川乱歩の生みの親でもあるのだ。

なんでこの本を借りたかと言うと、二人が本名でやりとりしてるのが面白かったから。
(乱歩は平井太郎、不木は小酒井光次)
読み進めていくうちに(途中で解説とか論考を読んじゃったので)涙腺ゆるむゆるむ。
う、う、う、…乱歩のばか!もっと不木を構ってやってよ!
不木から乱歩へ宛てた手紙と葉書は120通収録、乱歩から不木宛は33通。
この差!!!
乱歩宛の手紙は、乱歩の自分蒐集癖も相まって割と揃っているようだけど、不木宛は何通か散逸しているらしい。
うーん、乱歩は他人宛の書簡も自分でとっておく用に複写していたらしいから、不木邸になくても立教大学の旧乱歩邸を家捜しすれば出てくるのかも。多分何十年もかかる仕事だろうな。

書簡のやりとりは大正14年をピークに、病気で名古屋から滅多に出られない不木が再三乱歩を名古屋に来させようと画策するも、それをやや面倒に思っていた乱歩がのらりくらりと交わして激減。
乱歩が不木と疎遠になってゆくのは、自身のスランプがあったり、不木の過剰なまでの乱歩への傾倒、それを快く思わぬ名古屋在住の国枝史郎との確執など、諸々の原因があったよう。
昭和4年3月30日、不木は乱歩に最後の葉書を送り、二日後の4月1日死去。四月馬鹿であり、突然の事でもあったので皆なかなか信じなかったという。38歳であった。
不木は結核を患っていたのだが、死因は急性肺炎。横溝正史曰く、正史の弟が不木を見舞った際、中村進治郎が付いていった。中村は美男子で、人を惹きつける力が相当あったらしく、すっかり中村を気に入った不木は駅まで二人を見送りに出た。その時風邪をひき、それが原因で肺炎になった、との事。
因みに中村進治郎は俳優。ある女性と心中したのだがうっかり生き延び、相手は死亡。それ故謀殺ではないかと拘留される。釈放されたが1年後に自殺。
彼に関わって亡くなった人は心中相手を含めて三人ほどいるので、正史は中村が不木を殺した犯人、とみなしていたのだという。呪われた美青年、てやつだと信じてたようです。

書きたい事はイッパイあるけど、ありすぎて何を書こうとしてたのか忘れる。
取り敢えずこれは書いときます、「屋根裏の散歩者」。
自称ミステリおたくとゆってる私ですが、乱歩は大学の講義で必要だったので読んだのが初めてでして、「人間椅子」「二銭銅貨」「心理試験」「パノラマ島奇談」「押絵と旅する男」「芋虫」あたりが収録された角川ホラーの短編集だったと思う、それと「D坂の殺人事件」を教本にした講義でした。
その時は小説より先に、陣内孝則さんが明智を演じたテレビドラマを見ていたので、原作とドラマのギャップ(しかもD坂は金田一みたいな書生風明智である)に戸惑った為、他の作品を読む気にならなかったのだけど。あと、藤井隆が明智小五郎の孫役で主演してた「乱歩R」というドラマも放送されてた。なつかしー。
閑話休題。
往復書簡で、乱歩の父が喉頭癌の為、口をあけて眠る姿を見て屋根裏執筆の着想を得たのではないか、という解説がある。
父親の回復を望みながら小説内では一種の「父親殺し」を行った、とも受け取れる。と書かれている。
ななななるほどどーー!そうゆう読み方もあるんだね!
と思ったの。心理学専攻してて、当時は全然そんな事思わなかった。なんの為の大学だったんだと落ち込んだ。

うーむ、金田一の聖地・岡田町にばかり気を取られていたけど、灯台下暗し。
こんなに近くに探偵小説をポピュラにする為に尽力した御仁がおられたとは。
まずは不木巡礼の旅に出ねばならぬ。
いざ行かん蟹江町!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可     
BACK HOME NEXT
calendar
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
profile
HN:
エグチマサヤ
趣味:
寝ても覚めてもミステリが好き。最近はもっぱら「探偵小説」ブームで新しい作家さんを良く知らない。
忍者ブログ // [PR]

template ゆきぱんだ  //  Copyright: All Rights Reserved